「時は金なり」と「光陰矢の如し」という話

今年の3月、上の子が小学校を卒業します。
生まれてから12年、あっという間でした。
ついこの前までおんぶをしていたり、おむつでよちよち歩きをしていたと思ったのに・・・。

最近、時間がたつのが早い事を実感しています。
鳥取砂丘の話が出た時の事。
「前、職場の人たちと行った事あるよ!20…年…前…(え、もうそんなに前!?)
高校野球の応援団の話題。
「高校生の時、吹奏楽部でこの曲吹いてたなあ。30…年…前(!!!)

大変だったこと、楽しかったこと、振り返ると良く覚えているのに
数えると随分前の事でびっくりします。
これから先過ごす時間も未来から振り返ればあっという間の事かもしれませんが、
未来につながる一日一日だと思って、大切に過ごしていけたらと思います。

カテゴリー: 生活, 職員のつぶやき パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です