綺麗な「毒」

「身近に新緑」と言えば養老の山
ということで、先週末 仕事を終えてから登ってきました。

目指すは、養老山の手前にある小倉山 標高は842メートル。
養老の滝の源流となる谷から登り、途中色とりどりの花も咲いていました。

山つつじや山桜など とても綺麗
頂上では 雲一つない青空を見て気分もスッキリ

  

 

早速 下山開始

ひときわ美しいスズランのような花が咲いていて、

花びらを触りまくり、臭いを嗅ぎ尽くし( ^ω^)・・・ 癒しの世界へ

「かわいい花~ あとでどんな花か調べてみよう!」

最後は少し足を伸ばして 日本の滝百選の養老の滝

ご覧のこのように緑いっぱい。

帰宅して、あのスズランのようなお花を調べてみると( ^ω^)・・・

ガーン(・_・;)

名前は 馬酔木(アセビ)と言う有毒植物

馬が誤って食べると苦しむことから、馬酔木(アセビ)の名がついたとのことで、昔は葉を煮出して殺虫薬として使われていたそうで・・・

毒を触りまくっても 嗅ぎまくっても いたって大丈夫な私って・・・( ̄▽ ̄;)

カテゴリー: 職員のつぶやき, 雑談・地域情報 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です